fc2ブログ

今年最初のイラスト 【My beloved goddess】

こんばんは 今日は一日中引きこもっておるので外の様子がわかりません
雪積もってないといいのですがね~;
雪が続くと、雪かきで大変なだけでなく光熱費や車のガソリン代も消耗激しいですからな
早く春が来てほしいものです。

・イラスト更新報告

っという訳でお待たせ(待ってた人いる?)しました、今年最初のイラストの掲載です。
沙羅(年賀)は実質去年制作してる絵なので今回の絵が2013年最初の作品となります。
では以下Pixivよりご閲覧どうぞ


そんな訳で今年最初のイラストは当サイトの看板娘さんの一人マリアさんとなります。
年始めぐらい自分のオリ絵描かないとね

でもってブログで何回か書いてますが今回の絵は実験的な事も試みまれおります。
それは何かって言うと今回の絵は何時も使ってる
SAIではなく別のペイントソフトを使ってる
ということです。
今回使ってみたのはCLIP STUDIO PAINT PROっと言うソフト
Pixivやお絵かきサイトの広告によく紹介されてるペイントソフトなので名前を聞いた
事ある人も多いと思いますし使ってる人も多いと思います。
今回1ヶ月無料で使えるお試し版で使ってみて良ければ購入しようか検討しようと思って
作品に使ってみました、結局遅筆のせいで完成する前に購入するハメになったんですがね(爆

まあ描いてる時点でこれは購入しても良いのではないかっという結論に至ってたから購入
すること自体に問題はありませんがね、ソフトについての詳しい感想は後日書くとして
絵の話に戻りますが、やはりアレですね
お試しで使うソフトにお試しで描いてはいけないキャラ使うものではないですね;
大事なキャラなのでお試しのはずがいやはやえらい時間かかることになりました
顔とかなんか色塗り始めてから修正を3,4回繰り返す羽目になるし昨日の最終調整は結局
深夜3時過ぎまでかかりました; おかげで今日は昼起きです;

まあしかしお陰様で出来は大分良くなりました
本当はもっと目を細めた感じで描きたかったんですが目がパッチリ開いちゃってますね;
あと口が顔、表情を台無しにしてしまう事に制作中に気が付き直しにえらい時間かかりまし
白黒だと気が付かないんですが色塗ると途端に雰囲気変わっちゃいますしね
何時も目にばかり力入れすぎるのでコレからは口にも注意を払わんとな~っと実感させられ
ました、絵的にはシンプルでありながら何気に今回の絵は難しかったです;
不慣れなソフト使ったためもあり尚更ですね。

今回の絵は自分の絵描きとしての目標とする表現へ挑戦も込めて描いたんですがやはり
まだ求めてる域には達せませんでしたが今現状ではまあまずまずでしょうか;
私が求めてるのは空気感や風の感じるもの、あと独自の表現として言えば
光る風 これは自分が感じてるものなので人に説明するのは中々難しいのですがね;
私が見たことある絵で一番近い絵が型月の社長兼絵師の武内崇社長のアルクエイドの
イラスト、ネットに出回ってるかわかりませんので画像紹介出来ませんがCP1巻のカタログ本
27ページ目のアルクのイラストですね・・・持ってる人しかわかりませんな^^;

まあ兎に角色々と苦戦して出来上がったわけです。
あと自分のディスプレイ用に壁紙なんぞ作ったり
My beloved goddess 壁紙 1920×1080
良ければどうぞ、この比率のモニター使ってる人って少なそうですがね

あと作品タイトルのMy beloved goddessの訳ですが・・・
"言わせんな恥ずかしい"ってことで翻訳サイトで勝手に翻訳してくださいw

ってなわけで今日はこれにて ではではノシ
CLIP STUDIO PAINT PROCLIP STUDIO PAINT PRO
(2012/07/06)


商品詳細を見る
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
プロフィール

Kiyokazu

Author:Kiyokazu
-紹介文-
HN 魔人Kiyo もしくは Kiyokazu
(その他Kiyo,KT1とも)
素人絵描きです。ヲタです。
あ~絵が上手くなりて~

私の作品etc
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSフィード

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。